血糖値の急激な上昇を抑える糖尿病の治療薬グルコバイ

グルコバイは糖尿病の治療に用いられる薬で、アカルボースと呼ばれる有効成分が含まれています。

この薬は、食後の血糖値の上昇を抑制する効果があります。

いったい、どのようにして抑制するのかというと、主に小腸での消化酵素の働きに関係があります。

そもそも、糖質、炭水化物を食べた後に、血糖値が上昇するのはどうしてでしょうか。

そんなことは説明するまでもなく当たり前だと思われるかもしれませんが、食事に含まれるデンプンなどの糖質と、血中に含まれる血糖つまりグルコースとは、化学的には別物です。

理科の時間でも習ったことでしょうが、デンプンが消化され分解を受けて初めてグルコースとなり、そうなって初めて小腸から吸収されるのです。

グルコバイはこの消化の過程に目をつけることで生まれました。

何とかして消化を少し遅らせるようなことができれば、食後の急激な血糖上昇を抑えられ、糖尿病のコントロールに役立つのではないかということです。

そうして見出されたグルコバイは、αグルコシダーゼという、デンプンを最後にグルコースにまで分解する酵素を阻害する働きを持っています。

そのため、腸内でグルコースがなかなか産生されず、吸収もゆるやかになるというわけです。