血糖値の上昇を抑える糖尿病の治療薬グルコバイ

グルコバイは食後の血糖値の上昇を抑える働きがある薬で、糖尿病の治療に利用します。

人間は食事をすると血糖値が上昇しますが、その血糖は膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンというホルモンで調節します。

しかしその分泌が正常に行われないと血糖値が以上に上昇してしまう事に繋がります。

これが糖尿病で、放置しておく事によって神経障害や視神経に影響を与えてしまったりする場合も有り、体の各部分に影響を及ぼします。

アレルギーがある人や妊娠の可能性がある人は、グルコバイを利用したメリットの方がデメリットよりも高いと判断された時に処方される為、予め医師に伝えて起きます。

また人によっては低血糖等を起こす場合がある為、他の血糖降下薬と併用する時には血糖値の変化に気を付けます。

飲酒自体は禁止されていませんが、血糖値のコントロールに影響する為控えるようにした方が良いという指示がされます。

グルコバイを利用した時の副作用の一つが軟便です。

これは服用してそれ程期間が経過していない時等に起きやすい症状で、軟便になったり排便回数が増える事も有ります。

嘔吐を伴う場合は医師に相談して減量する事、さらに徐々に増量して体を慣らしていく方法が取られる場合も有ります。

重い副作用が起きる事は少ない薬ですが、肝障害や震え、腸閉塞等が起きる事も有るため、使用には気を付けます。