食後の血糖値上昇を抑制する糖尿病の治療薬グルコバイ

グルコバイは、主成分にアカルボースという成分を含む肥満防止薬の一つです。

また、糖質吸収抑制機能を持っているため糖尿病の人によく服用されています。

効果が浸透する仕組みとしては、小腸粘膜の中の微細網膜と呼ばれる部分に存在してあるグルコアミラーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制します。

そのことによって、膵液や唾液に含まれるαアミラーゼと呼ばれる物質を阻害し効果を発揮します。

 食事後に血糖値が上昇する作用を抑制する効果があることで知られています。

この医薬品を使用する際には、必ず事前に医師の指示に従った上での使用が求められていることを留意します。

また、持病持ちの場合やアレルギーがあるかどうかも確認した上で適切な使用が求められます。

 注意事項としては、服用後にお腹が鳴って音を出してしまったり、おならが増えるなどの作用があります。

しかしこれは効果が作用する過程で起こりますので健康上においては問題はありません。

ただ、大事な商談やプライベートなどで所用をこなすときの際にはできれば控えたほうが良いこともあります。

 副作用については、飲むタイミングによって副作用がありますので注意します。

食前30分くらいの服用は適していません。

一番注意しなければならないのは低血糖による症状です。

低血糖により脱力感・冷や汗・ふるえ・空腹感などがあります。

飲むタイミングとしては食前であれば10分以内に飲むようにすると良いでしょう。