食後の高血糖を防ぎ血管のダメージを減らすグルコバイ

グルコバイは、血液中のブドウ糖の量が急激に高くなることにより生じる、糖毒性の影響を少なくさせる薬です。

炭水化物を摂取すると、アミラーゼ酵素によってショ糖や麦芽糖などの二糖類に分解されたのち、小腸粘膜に存在するα-グルコシダーゼという酵素によって単糖類のブドウ糖に分解されます。

グルコバイはこのα-グルコシダーゼの働きを阻害することで、ブドウ糖に分解されるのを遅らせて、ブドウ糖が体内へ吸収される速度をゆっくりにさせます。

食後の高血糖を防ぐことで、血管に与えるダメージを減らすことにつながります。

血糖値の急上昇を妨げることで、インスリンの分泌を節約することにつながります。

これによる、インスリンを生成しているすい臓への負担を軽くさせることができます。

すい臓へ負担がかかり続けるとインスリンをうまく生成できなくなる2型糖尿病になるリスクがたかくなりますが、グルコバイによってそれを予防することができます。

飲むタイミングは、食事のすぐ前です。

飲み忘れてしまった場合には、食事中に飲んでも良いです。

ただし、食後から時間が経ってしまうとすでにα-グルコシダーゼによってブドウ糖に分解されてしまうので、意味がなくなってしまいます。