糖尿病の予防やダイエットの薬に使われるグルコバイ

グルコバイは糖尿病予防や改善の薬としてだけではなく、ダイエットの薬としても使うことができます。

炭水化物を摂取すると、血糖値が高くなります。

食後高血糖はその後に低血糖状態をつくりだし、食後の眠気や倦怠感、空腹感などをもたらしてしまうこともあります。

グルコバイを使うと、糖が小腸から吸収されるサイズ(ブドウ糖)になるのを防ぐことができます。

α-グルコシダーゼという酵素の働きが抑えられることで、ブドウ糖への分解を妨げて食後高血糖を起こりにくくさせることができます。

すると、低GI食品を摂取した時と同じような血糖値の上昇の仕方になります。

食後の血糖値の上昇がゆるやかになると、すい臓から分泌される肥満ホルモンインシュリンの量が少なくなるので、脂肪がつきにくくなります。

インシュリンが一度に出てしまうと、肝臓や筋肉で使いきれなかったブドウ糖は脂肪細胞に溜め込まれてしまいます。

しかし、グルコバイはインシュリンの分泌を抑えることができるので、脂肪細胞にブドウ糖を溜め込みにくくなり、脂肪が身につくのを防ぐことができます。

グルコバイを飲むだけで低炭水化物ダイエットと同じ効果が得られるというわけではありませんが、ダイエットにも使えるでしょう。