血糖値を調整する糖尿病治療薬グルコバイ

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)に分類されているのが、グルコバイです。

血液中のブドウ糖の量が多すぎると、糖毒性として腎臓や網膜などへの障害のリスクが高くなります。

糖尿病治療において、これらの障害を予防するには血糖値を調整することが重要です。

グルコバイは、糖毒性を抑えることに特化した薬です。

炭水化物の化学構造は、糖がいくつも連なった状態です。

この状態のままでは、人間の体では腸から吸収されません。

糖を吸収させるためには、糖を細かく切っていくことが必要です。

この時、体内ではアミラーゼという酵素が働きます。

アミラーゼは糖が2つ連なった二糖類に変換します。

このままでもまだ腸管から吸収するには分子のサイズが大きすぎるので、さらに単糖類という糖が1つの状態に分解する必要があります。

二糖類から単糖類に分解させるのが、α-グルコシダーゼという酵素です。

グルコバイは、このα-グルコシダーゼの働きを阻害して、糖の吸収を阻害することができます。

グルコバイは、糖の吸収をゆるやかにさせる薬です。

通常であれば急激に血糖値が上がりますが、そうではなく時間をかけて吸収させるようにします。

これにより、糖毒性から身を守り、糖尿病による合併症のリスクを下げることができます。