グルコバイってどんな薬?

「グルコバイ」は糖尿病の治療薬です。

主成分は「アルカボース」で食後の血糖値の上昇を抑える作用があります。

糖尿病治療薬としては新しい部類で革新的な薬として注目を集めています。

というのもこの薬の作用機序(薬の作用の仕方)とは“アルカボースが腸で働き食事で摂った糖質(炭水化物や糖分)の吸収をゆるやかにする”というものだからです。

糖質が吸収されないと血糖値は急激な上昇を起こすことはないので、糖尿病の人でもインスリン製剤に頼らずに血糖値がコントロールしやすくなります。

また、薬効成分が吸収されずに腸から代謝されていくので肝臓や腎臓への負担がかからないことから代謝系臓器への副作用が少ないという利点もあるのです。

この「糖質の吸収を抑制する」という効果は肥満への効果も期待されていて、実際に痩せ薬として肥満症患者への投与を行っている医療機関もあります。

ただし、肥満症への投与は保険の適用外なので投薬料はもとより診察料、検査料など投薬に際して行われた全ての医療行為が保険証の使えない自由診療となります。

アルカボースの作用機序

では、主成分「アルカボース」の効き方についてもう少し詳しく説明していきましょう。

もともと糖尿病の治療薬ですので、まずは糖尿病の概要から説明していく事にします。

食事で糖分や炭水化物を摂取すると胃で消化されグルコース(糖質)へと分解されます。

その後十二指腸で胆汁や膵液と混ざり合いさらに細分化して小腸から吸収されたグルコースはブドウ糖になり全身の細胞のエネルギー源として消費されていきます。

この時ブドウ糖を細胞へと消費させる際に働く物質がすい臓から分泌されているインスリンというホルモン物質なのですが、糖尿病になるとすい臓の機能が低下しインスリンの分泌量が減ってしまい、次第にブドウ糖をエネルギー源として供給できなくなっていきます。

エネルギー不足(ガス欠状態)を起こした細胞では代謝がうまくいかずに機能停止を起こし、身体中のいろいろな臓器や器官、神経細胞が機能不全に陥るのです。

糖尿病には様々な合併症が存在するのにはこのような背景があるからです。

これまでの糖尿病治療ではインスリン注射によって血液中のインスリン量を増やすことでブドウ糖を強制的に吸収させる方法が一般的だったのですが、「アルカボース」の登場で糖尿病治療は根本から変わりました。

というのも、従来のインスリン製剤による治療法では自己注射で投与されるインスリン量をコントロールすることはできないので、血糖値が下がりすぎてしまい低血糖発作を起こしやすいというリスクがありました。

しかしながらアルカボースなら糖質の「吸収を抑制する」ので、インスリン量が低下しても十分に対処可能であり、インスリン製剤への依存度を下げることが可能となったのです。

その結果すい臓への負担も減り予後(治療の経過)が良好になり、患者への負担軽減に繋がっています。

また、前述したように肥満症に対しても糖質の吸収を抑制するアルカボースの効果は有効であることが実証されています。

副作用、禁忌、注意事項について

(副作用として)

  • 腸に作用する薬なので、飲み始めの頃には下痢やゴロゴロ感、腹痛、便の回数が増える、嘔吐(重症な場合)などの消化器症状を起こしやすくなります。

*単体での投与の場合は消化器症状以外の副作用については重大なもの以外報告されていません。

(重大な副作用として)滅多にないものの、起こすと重症化しやすい副作用

  • 低血糖発作:めまい、意識消失、痙攣発作、心肺停止など
  • 腸閉塞:高度な便秘、強い腹痛、下血、腹部膨満感など
  • 肝機能障害:倦怠感、慢性疲労感、発熱、食欲不振など
  • 肝障害に伴う高アンモニア血症の急性増悪:意識混濁、吐き気、嘔吐、強い眠気など

(禁忌として)次のような身体状態の人には投与できません

  • アルカボースにアレルギーを示す人

(その他の注意事項として)

  • 他の糖尿病治療薬と併用した場合、血糖値が下がりすぎて低血糖発作を起こす場合があるので注意してください。
  • 食直前(食べる直前)に服用します。

そうすることで食事と一緒に腸へと送られ過不足なく有効成分が働きます。

  • 副作用としての消化器症状は非常に起こりやすいので、特に軟便傾向や腸に何らかの障害がある人は医師に相談の上服用するようにしてください。
  • 肝臓病(ウィルス性肝炎含む)の人または既往がある人は肝機能障害を合併しやすいので医師の指示に従って服用してください。
  • 妊婦あるいは妊娠の可能性がある人はインスリン製剤で対応します(妊婦や胎児にとって必要な糖質まで吸収されずに代謝されることになるリスクを回避するためです)
  • 炭水化物(糖質)は健康を維持するための大切なエネルギー源です。

極端な糖質制限は深刻な健康被害をもたらすので、過激なダイエットを目的としてグルコバイを服用することは絶対にやめましょう。

  • 上記副作用以外にも服用中に体調不良を感じたら投薬を一時中断し、処方医か医療機関に相談するようにしてください。

糖尿病治療薬として使う場合と抗肥満薬として使う場合の扱いの差

「グルコバイ」は糖尿病治療薬として厚生労働大臣から正式な許認可を受けている医療用医薬品です。

「医療用医薬品」とは医療機関(調剤薬局を含む)でのみ取り扱い可能な医薬品のことで、一般的な薬局やドラッグストアーでは購入できません。

しかし、糖尿病の確定診断を受けていればかかる治療費(薬代+診察料+検査費用)の3割の自己負担で購入可能です。

前述した通りこの薬の作用は腸からの糖質吸収を抑制するというものです。

したがって肥満の予防改善にも効果があるとして肥満防止に処方されるケースがあります。

しかし現状肥満症の治療については一部の外科手術を除いては保険適用が認められていませんし、グルコバイの肥満症への適用も承認されていません。

したがって、肥満に対してグルコバイを服用したい場合は全額自費で購入するか格安の海外製の同薬品もしくはグルコバイジェネリックを個人輸入代行を使って取り寄せるという選択肢になります。

個人輸入代行を使っての購入について

現在ネット上で海外製の未承認薬やジェネリックを取り扱っているサイトは通常のネット通販ではなく、「個人輸入代行業者」が運営するサイトです。

この業者は文字通り個人に成り代わり輸入申請業務の一切を代行してくれる業者のことで、医薬品に関しても法律で規定されている量以下であれば個人輸入が許可されています。

(海外で医薬品の承認を得ていれば日本では未承認薬であったとしても輸入は合法と判断されています)

ただし、あくまで個人輸入を代行するということであり、在庫を販売しているわけではないので、ネットで申し込んでから薬が手元に届くまでには日数を要します。

継続的に飲む薬の場合は余裕をもったスケジュールを心がけましょう。

そして、信頼出来る業者を選ぶためには最低限以下の点に注意してください。

  • 輸入元の国における薬剤情報とブローカーの情報を開示している
  • 医薬品取り扱いにおける安全性への取り組みを重要視し、その方法を公開している
  • 薬剤師が常駐している
  • 取り扱いを行なっている薬剤に関する用法用量、副作用などの重要な情報を日本語で公開している(輸入薬の場合能書は英語表記だけなのでこれはとても重要な点です)
  • 比較サイトや業者サイト内でのレビュー評価が高い

などです。

これらの条件をおおむねクリアしていれば信頼出来る業者であるといえるでしょう。

あとはネット経由で申し込めば一般的な通販サイトと同じような感覚で薬を購入することができます。